スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

CLANNAD第22話「小さなてのひら」 レビュー

こんにちわ。

CLANNAD 第二十二話「小さなてのひら」のキャプ感想です。

ネタバレ、若干の解説を含みます。



朋也の世界でも、幻想世界でも、哀しい別れが訪れようとしていました。

これを避ける方法はないのか…?

朋也が集めてきた 光の玉と 街の住人らの想いが、何かを起こします。



続きからどうぞ。











幻想世界での、別れ。

幻想世界の少女=汐の存在=朋也たちの街。


今回、それがようやく明かされましたね。

そして、当然、

ガラクタ人形の「僕」=朋也であるわけです。






光の玉は、こちらの街の住人たちの想い。

その想いが、この街そのものと一つになったとき、何かが起きるのではないでしょうか。





朋也を通じて触れ合ったたくさんの人たち。

その人たちの想いが、街と一つになっていく・・・・・。













再び、巡り会って。

「渚ぁぁぁ!!!」




朋也の叫びは、視聴者にとって、

幻想世界で少女との否応ない別れを見せられた直後だったため、

なかなか共感できる演出だったと思います。








ここでの、朋也の行動は、非常に大きな意味を持っていたのでしょう。




朋也が、ここで渚との出会いを肯定したことによって、

渚と関わりあう過程で、出会い触れ合った

多くの街の住人たちの想い=「光の玉」をも肯定することになったのでしょう。

だからこそ、光の玉は力を発揮できた。
















坂の下で、再び。


色がなかった世界が、

朋也の行動をきっかけとして再び色づく、という演出は、

第一期の第一話の一番始めで、2人が出会う場面(↓)と同じですね。



桜舞い散る、坂道で。

…ということは、もう「CLANNAD」を作り始めた時点で、

製作者サイドは、この最終話の終わり方を見据えていたのでしょうね~。
















 時間は、再び…。


そして、時間が巻き戻りました。

渚が死なないで済む時間(世界)になった、という解釈もできるかな?









 光の玉、人々の想い。


そして、窓の外には、大量の光の玉が。

渚が生きられる世界をつくり、汐と3人で生きられるようにしてくれたのは、この光たちの力が大きいのでしょう。















以下、の独白です。

もし、街というものに、人と同じような意思や心があるとして、

そして、そこに住む人たちを幸せにしよう、ってそんな想いでいるとしたら、

こんな奇跡も、街のしわざかも知れないです。


でもそれは、奇跡じゃないですよね。


街を大好きな人が街に住み、人を好きな街が人を愛する。

それは、どこにでもある、当たり前のことのはずです。


私達は街を愛して、街に育まれているんです。





朋也「街は大きな家族、か…。」

渚 「はい、団子大家族です。」











『団子大家族』の歌詞の中に、こんな一節がありました。



「仲良し団子 手をつなぎ大きなまるい輪になるよ

街を作り 団子星の上みんなで笑いあうよ」




街は大きな家族。






CLANNADでは、街の人たちはみな、必ず温かみのある住人として描かれていました。

お互いを思いやり、時には見守ること。

CLANNADは、最後まで、人と街との関わり合いを描いた物語だったのだと思います。




























今度こそ、渚と共に。


そして、後日談です。

旅行にも、また出かけられたようですね。

今度こそ、渚と汐と、3人で



どうでもいい話だけど、助産婦の八木さんを演じてた人って、

山口由里子さんだったんだ…。

「新世紀エヴァンゲリオン」で、赤木リツコ役を演じてた人。











3人の旅行。


左側のカットは、第一期のOPムービーでも使われていたものですね。

ようやく、ここにきて納得、という感じですw












スーパー風子タイム。


そして、最後はスーパー風子タイム

監督の、風子への愛がよく分かりましたw












汐と、幻想世界の少女。


楽しいことは、これから始まる。


これで正式に幻想世界、そしてこの街との関係が示されたと思います。






ラストのカットで見えているは、当然、毎回話数が示されるときに登場していた樹(↓)です。

樹。


この樹こそ、

「この街」の中心であり、住人たちの想いが集まったものでもあるのかも知れませんね。














前にも書きましたが、

CLANNADは、最後まで、人と街との関わり合いを描いた作品でした。

4クールという長い期間をかけてようやく、完結しました。

色々な意見は出ると思いますが、原作を知る者にとっても、知らないものにとっても、

納得できる良いアニメになっていたのではないかと思います。











スタッフのみなさん、お疲れ様でした!!

オフィシャルファンブックは買わせてもらうぜ!



・・・次はリトバスのアニメ化かな?(マテ





スポンサーサイト

テーマ : CLANNAD -AFTER STORY-
ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ CLANNAD 古河渚 Key 伊吹風子

2009-03-13 : CLANNAD : コメント : 2 : トラックバック : 4
Pagetop
2008年2月分購入物資 «  ホーム  » お前はどれだけアイマスにハマっていたんだ、という話。
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
(アニメ感想) CLANNAD ~AFTER STORY~ 第22話 「小さな手のひら」
CLANNAD AFTER STORY 5 (初回限定版) [DVD]クチコミを見る ☆<3/12更新>今回(第21話 世界の終わり」)の感想をポットキャストにて収録しました。「あのシーンは泣けた?泣けなかった?」、「朋也にとっての街とは?」、「クラナドで描かれる家族とは?」等、アニメ?...
2009-03-14 13:10 : ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
CLANNAD AFTER STORY 第22話「小さな手のひら」(本編最終話)
やっぱり笑顔で終わるのが一番! どうなるのかと思いましたが よかったよかった。 原作だと3回やらないとここまでたどり着けないそうで… そりゃ前回ラストで「完」じゃ 待てコルァ状態ですよねw 幻想世界の少女=汐 ロボットくん=朋也 汐ちゃんは幻想世?...
2009-03-14 13:34 : のらりんクロッキー
CLANNAD~AFTERSTORY~ 最終回「小さな手のひら」
CLANNAD~AFTERSTORY~の第22話を見ました。最終回 小さな手のひら『一面、白い世界。僕はこんな所で何をしているのだろう…?そうだった、僕はずっとこの子と一緒にいた。この子と二人きりでずっといたのだ、この誰もいない物悲しい世界で。こんなことになるなら連れて...
2009-03-14 15:32 : MAGI☆の日記
CLANNAD AFTER STORY 最終回『小さな手のひら』
番外編があるとはいえ一足早く最終回を迎えたCLANNAD AFTER STORY。 前回感想で「どんな超展開でもいいから幸せな笑顔が見たい」という 切実な願いは叶えられたようで… 泣かずにすむかと思ったEDでしてやられました(涙) ※以下、突然EDから語り出します。要注意。 CL...
2009-03-14 22:36 : 風庫~カゼクラ~
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

み、見てない、何も見てないっ・・!
いつか追いつこうと思っていたら、アニメ終ってしまったのか・・
全部見たら改めて語り合おうぜ
2009-03-14 22:52 : レオン URL : 編集
コメントレス
>レオン
再びの改名…w

CLANNAD、完結してしまったよ(´・ω・`)
一応、まだ番外編と総集編が残ってるけどね~。

レオンとCLANNADについて語り合える日を待ってるぜ!w
…あ、ならついでにKanonも(マテ
2009-03-20 00:29 : Kizuna(管理人) URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Kizuna

Author:Kizuna
ブログタイトル
前へ、前へと手を伸ばす!!


職業:学生
趣味:アニメ鑑賞、アニソンを聞いたり、ライトノベルを読んだり・・・etc

自分の趣味生活などについて書いていきたいと思います (*^^)v
よろしくお願いします!!

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。