スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

コードギアス反逆のルルーシュ 第25話「ゼロ」感想

結構な長さになってしまったため、第24話と25話で分けてアップする事にした、

コードギアスの続編のキャプ感想。


遂に、第一期の最終話です。


「続きから」でどうぞ。










コードギアス 反逆のルルーシュ

第25話 「ゼロ」 感想








ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが問いに答えよ!!

ダールトンにかけられていたギアスの前に、瀕死の重傷を負ったコーネリア



そして、ゼロは、コーネリアの前に現れます。ルルーシュの姿で。

コーネリアは、ゼロの正体が自分の弟だったと知っても、あまり動揺しませんでしたね。

そして、最後まで気高くあるコーネリア。







しかし、この場におけるルルーシュの目的はただ一つ。

コーネリアから、母の死にまつわる謎を聞き出すこと。





しかし、分かったのは意外なこと。

コーネリアは、マリアンヌの死の真相を知らず、誰が殺したのかも分からない。

しかも、コーネリア達の警備隊を引き上げさせたのは、マリアンヌ自身であるとの事。

マリアンヌは、自分が襲撃される事を知っていて、それを受け入れたのでしょうか??

自分の娘や、息子をも犠牲にする覚悟で??

今回で分かったことと言えば、シュナイゼルが遺体を運び出した、という事くらいでしょうか。







しかし、ここで気になる描写が一つ。

コーネリアは真相を・・・・・??

よく見て下さい。

左は、激昂したルルーシュに、

「誰なんだ!! 母さんを殺した奴は!!」と、問われた直後の、コーネリアの表情です。

何か、言い掛けているように見えませんか??

そして、すぐ右の表情へと変化しました。



この変化は、俺には、

「コーネリアは、問いに答えて何か言いかけたが、

言うことが出来なかった」


という様に見えるのですが、どうでしょうか。

つまり、
「コーネリアは、ギアスの力を帯びたルルーシュの問いに答えようとして口を開けかけたが、

それよりも大きな力に止められて、結局口に出来なかった」


ということです。





これがもし本当だったとしたら、

『コーネリアは、マリアンヌの死について何か知ってしまったが、

ルルーシュのギアス能力を上回る、何らかの超常能力で口封じをされている』


とは考えられませんかね??





まぁ、あくまで、この2カットから推測しただけの根拠のない話ですが。
















ナナリーが!?

そして、そこに驚くべき知らせが入ります。

ナナリーがさらわれ、神根島に向かっているというのです。



でも、何でC.C.には、ナナリーがさらわれた事が分かったのだろう??

「C.C.が分かった」のではなく、「ナナリーがC.C.に伝えた」という可能性も消し去れませんが・・・・・。



・・・・と、そこに、タイミング悪く登場するオレンジ


「おぉぉぉお、お、お、お願いっです!! ・・・死んでいただきます。」


名言がまた一つ(笑)




そして、ロイドさんの所では、セシルさんが出撃しようとしていました。



これは意外。

ところで、ここでの会話、

ロイド:「君も知ってる癖に。人間はとても壊れやすいって。その肉体も、心も、互いの関係も。」

セシル:「だからといって、思い通りになる人や世界なんて・・・。」

ロイド:「でも、僕はそういうパーツが欲しいんだ。」





ロイドさんも、過去に何か抱えているんのかも知れませんね。

セシルさんは、前にロイドさんに、「スザクを誰かと重ねている」と言われていたので、

過去に何かを抱えているであろうことは、ほぼ確定していますが。










ロイドの望む「パーツ」。



「思い通りになる人」が欲しかったロイド。

「思い通りになる世界」を作ろうとするルルーシュ。

彼らは、これからどのように動いていくのでしょうか・・・・・。












そして、オレンジvsガウェイン

「後ろをバック!!」

情念だけが暴走しているオレンジ

しかし、かなりの強さを見せ付けます。

弾道が見えるのか・・・・・。

しかし、ゼロしか見えてなかった事が仇となり、ルルーシュが倒壊させたビルの、下敷きとなってしまうのでしたとさ。










一方、その時リヴァル達は、黒の騎士団に見つかってしまっていました。
セシルさん大活躍♪


玉城の元へ連行されるリヴァルたち。

スザクは、仲間を救うために、自らランスロットを出ました。

そして、玉城がスザクを撃とうとしたその時・・・・・、

ロイドさん登場!!!

来るタイミングピッタリ過ぎですよww

カッコいいです。   ・・・というより、個人的にロイドさんは好きなので。

セシルさんも、やけに強かったなぁ・・・。

セシルがゲフィオンディスターバーを破壊し、ランスロットに動きが戻ります。

スザクは、アッシュフォード学園をロイドさん達に任せ、ゼロの元へと向かうのでした・・・・。











スザクを認めたコーネリア。

コーネリアに呼び出されたスザク。

あえだけの負傷を負いながら、コーネリアは自分の部下達のことを想い、自分の負傷を伏せるように言います。

やっぱり格好いいなぁ。

そして、神根島にゼロがいるとスザクに聞かせ、騎士の位を授けます。

最期にようやく、コーネリアはスザクのことを認めましたね。








そして、こちらは黒の騎士団
黒の騎士団の動揺。

ゼロから、一切を現場に任せると聞かされて、明らかに動揺しています。

そりゃそうでしょ・・・ (^_^;)

全体状況すら把握出来ない状態で、戦などまともに出来るわけがありませんしね。

上層部は動揺してるだろうし、これは、かなり黒の騎士団が不利になったな。

せめて、コーネリアの負傷を暴露して、ブリタニアが側にも動揺を与えてから、ナナリー救出に向かえばいいのに・・・・・。



しかし、そんな中で、だけは、カレンに冷静な指示を与えます。

ランスロットに発信機をセットしといたラクシャータ、ナイスです(笑)

「助けるんだ・・、ゼロを・・・、ナオトの夢を継ぐもの・・・。」

負傷しながらも、カレンに的確な指示を出した扇の株が、俺の中で少し上がりました(笑)















そして、突如現れた、ガニメデ
ニーナの秘密兵器。

勿論、乗っていたのはニーナです。

あの、飄々としてたロイドさんが、かなり焦ってるな。

それもそのはず、ニーナの理論が正しければ、東京租界全てが吹っ飛ぶのだとか。

そんな恐ろしい理論を構築しちまうなよ・・・・・。

ユーフェミアを殺したゼロに対する恨みで頭が一杯になってしまっているニーナ。

指が震えてます。 間違って押しちまうなよ!!











神根島に到着。

神根島に到着した、ルルーシュC.C.

ここに、ナナリーが囚われているはずです。

ルルーシュにとって、ナナリーは生きる目的そのもの。

独立戦争だって、ナナリーのために起こしたものでした。

敵のアジトを前にして、ルルーシュはナナリーを取り返す決意を新たにするのでした。








・・・と、その時。

C.C.の過去。

侵入者に対するトラップが発動。

2人が誘い込まれた空間は、C.C.過去でした。

そこには、忌み嫌われ恐れられて、何度となく殺されるC.C.の姿がありました。


「残っているのは、魔女としての記憶ばかり」とC.C.は語ります。

彼女には、「C.C.」としての記憶しか残っていないのでしょう。

でも、本名を覚えてたよな・・・・。

まだ明かされてませんが。



いつでも、独りだった、とさびしそうに話す、人外の存在、C.C.に、ルルーシュが語り掛けました。

「独りじゃないだろう。」と。


「お前が魔女ならば、俺が魔王になればいいだけだ。」



この2人は、かなり淡白な付き合い方をしていますが、深い部分で繫がりあっているのは確かでしょうね。

ユーフェミアに対してギアスを使ってしまい、ルルーシュが落ち込んでいた時は、今回と同じ趣旨の事を、

今回とは逆にC.C.からルルーシュに言っていましたしね。

「契約したろ。お前のそばにいると。私だけは。」と。



そして、2人は、現実世界に帰って来ました。












そして、そこに突如、再び現れたオレンジ
オレンジ、神根島へ。


何で、オレンジに、2人の居場所が分かったんだろう・・・。

やっぱり、「見えた」んですかねw

オレンジの執念深い攻撃に、ルルーシュ達は、追い詰められていきます。

ハドロン砲も、残り1発。

窮地に立ったC.C.は、ルルーシュだけ、ナナリーの元へ向かわせ、自分がオレンジの相手をすると言います。

ハドロン砲を海面に打ち込み、水煙を上げて目くらましをし、一時の時間を稼ぐC.C.。








そして。

C.C.の想いは・・・。

C.C.からルルーシュにキスが贈られました。

「勝てよ、ルルーシュ。

自らの過去に、そして、行動の結果に・・・・。」


という言葉とともに。









そして、今度こそ、ナナリーの元へ向かおうとするルルーシュ

神根島の3人。

そこに、スザクが現れました。

やはり、最後まで、ゼロの前に立ちはだかったのはスザクでしたね。

ギアス能力についても、知識を得ていたスザク。



カレンも現れ、舞台に役者が揃います。

スザクは、ゼロの正体を暴こうとします。

カレンの制止も空しく、銃声が響き、そして・・・・・。











暴かれた仮面。

遂に暴かれた、仮面の下の素顔

姿を現した、ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア



カレンは、ルルーシュがゼロであったと知った途端、へたりこんでしまいました。



俺には、このカレンの行動の意味が若干分からないのですが。

なぜ、ゼロがルルーシュだと分かった瞬間に、「ゼロは私達を利用していた」という結論に至るのでしょうか??

第12話の、キョウトの協力を得る時の話で、ゼロが日本人ではない事は、カレン達にも、既に明らかにされています。

それなのに、ルルーシュがゼロであると知った瞬間の、このカレンの態度の豹変には、少し理解し難いものがありました。

ルルーシュの、俺は世界を手に入れる、というような話を聞いた後に、そのような反応を示したのならば、

ゼロは、日本人のためではなく、自分の野望のために動いていた、という事が分かったからだ、という解釈も出来ますが、

それをルルーシュから聞く前に、ルルーシュ=ゼロの真実に打ちのめされるのは、何故なのか、俺には分かりませんでした。

ここら辺、何か意見のある方、コメント欄に残して下さると幸いです。






それに比べて、スザクは、比較的落ち着いて、この真実を受け入れました。

「信じたくは・・・・、なかったよ。」という台詞の通り、

彼は、ルルーシュと付き合いの長い友人だけあって、薄々感じ取ってはいたようでした。

ルルーシュがゼロだったと分かっても、スザクの、ゼロに対する憤りは変わりません。




このような2人の反応こそ、C.C.が言っていた、

ルルーシュが勝たなくてはならない「過去」であり、「行動の結果」なのかも知れませんね。










最後の口論。

自分の立場から、相手の立場を激しく糾弾する、スザクルルーシュ

それぞれのむき出しの感情をぶつけ合います。



ここで、これからの「コードギアス」の展開に関わりそうな台詞が、幾つか出てきたように思えます。




「君は、最後の最後に世界を裏切り、世界に裏切られた!!」

「お前の存在が間違っていたんだ、お前は世界から弾き出されたんだ!」


ここら辺の台詞は、


24話の始めの方に出て来た、
「そう、世界の前では、人は駒でしかない・・・!!」
と言うディートハルトの台詞、



ラストで語られた、
「個人の思惑など、世界の意志を前にしては、どうしようもなく流されてしまう、はかない存在でしかない。」
というC.C.の台詞、



番組の最後の、続編の予告に出ていた
「間違っていたのは、俺じゃない、世界の方だ!!!」という台詞と、



立場や考え方の違いはありますが、同じ盤の上で語られているように思えました。




















そして、決別。


「スザク!!」

「スザクッ!!」



「ルルーシュ!!」


「ルルーシュッ!!」



そして、響いた銃声。

互いの名を叫び、

そして、2人は・・・・・。

そして、響いた銃声

黒く塗り潰された画面。







そして、ナナリーはその時・・・・・。
ナナリーは、その時・・・・・。








これで、コードギアスの、第一期シリーズは、終了しました。

特別編を見る前よりも、モヤモヤが大きくなっているのは、俺だけではないはずです(笑)



この後、2人はどうなるのでしょうか。

相討ちになった、ということは考えづらいですよね。




まず、気にかかるのは、最後の銃声は、誰が撃ったものだったのか、ということです。

本当に、ルルーシュスザクが撃ったものだったのでしょうか。

勿論、スザクかルルーシュの可能性が、最も大きいとは思いますが、





カレンが撃った、という可能性も捨て切れません。

その場合、ルルーシュ撃った、と言うのと、

スザク撃った、という2通り考えられますね。



カレン、ルルーシュを撃った
考える場合、

ルルーシュに、日本を解放するために、ゼロを信頼して、共闘していた自分の想いを裏切られたからだ、という憶測が出来ます。



カレン、スザクを撃った、と考える場合、

やはり、ゼロは自分達にとって必要だと考えて、ゼロであるルルーシュを守った、というのと、

流体サクラダイトが爆発して、自分達まで巻き込まれるのを避けたかった、という憶測が出来ます。


まぁ、あの茫然自失の状態だったカレンが、いきなり発砲という行動に踏み切れるかどうかは、疑問ですが。







しかし、スザクには「生きろ!!」というギアスが掛かっているので、

流体サクラダイトの爆発で自分を巻き込むことになる、ルルーシュへの発砲

という行動をスザクが出来るのか、という疑問が残りますよね。

これはこれで、「生きろっ!」というギアスの発動条件やらが良く分からないので、 何とも言えませんが。







また、両者が発砲した瞬間、

式根島でランスロットの中にルルーシュが閉じ込められていた時のように、

V.V.の力で転送、またはそれに類する事をされた、と考えることも可能です。

まぁ、これが一番考えにくいかな (^_^;)







最後に、銃声と同時に、

ナナリーの体が大きく揺れる描写がされていた事も含めて考えると、

お互いが発砲した瞬間、

何らかのイレギュラー(銃弾がV.V.によって転送された、スザクとルルーシュの間にナナリーが転送されて来る、etc・・・。)が起こり、


結果として、

ナナリーを傷つけてしまう

というのも、考えられなくはないかも知れませんね。



これなら、ラストのC.C.の台詞、

「一縷の望みは、ほのかなる願いは、絶望からこそ、生まれ出ずる。」

も、何となくですが、説明出来ます。

ルルーシュにとっての絶望とは、何をさしおいても、

ナナリーを傷つけてしまう事でしょうから。






俺に推測できるのは、このくらいまででした。

皆さんは、どう考えましたか??






遂に、終了した、第一期シリーズ。

大きな謎を残したまま、第二期に続きます。

一日も早く、続きが知りたいものです。



全力で第二期を待て!!!
































最後に見せた、微笑みの理由は・・・・。


それでも今は、感謝すべきであろう。

そう、少なくとも人が、幸せを求める存在である事に。

一縷の望みは、仄かなる願いは、絶望からこそ、生まれ出ずる。








・・・To be continued

スポンサーサイト

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

tag : コードギアス スザク ルルーシュ コーネリア 黒の騎士団

2007-08-04 : コードギアス反逆のルルーシュ : コメント : 5 : トラックバック : 2
Pagetop
クドリャフカって、可愛くない?? «  ホーム  » コードギアス反逆のルルーシュ 第24話「崩落のステージ」感想
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュ 第25話 「ゼロ」
コードギアス 反逆のルルーシュ volume08ついに、コーネリアを追い詰めたルルーシュ。母マリアンヌを殺した犯人を聞き出すため、ギアスを発動する。だがその時、狂乱のジェレミアが乱入!!二人の戦いが始まる中、ナナリーの身に異変が・・・。
2007-08-05 11:56 : ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
レビュー・評価:コードギアス 反逆のルルーシュ/Stage24『崩落のステージ』・25『ゼロ』
品質評価 21 / 萌え評価 13 / 燃え評価 11 / ギャグ評価 20 / シリアス評価 53 / お色気評価 21 / 総合評価 24レビュー数 669 件 24話『崩落 の ステージ』一斉蜂起したイレヴン達を率いてブリタニア政庁を目指す黒の騎士団。それを迎え撃つべく出陣するコーネリア。その
2007-08-06 15:33 : ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

ルルさんのギアスを上回る力か・・
他のギアス能力者がまだいるのかもね?

マリアンヌ自体に別のギアスがかけられていた可能性も・・

ルルさん以外に絶対順守の能力を持った者がいたら、そいつとルルさんで絶対順守の2度がけって出来るのかな?
あぁ考えすぎた わけわかんなくなってキタ 
レビューお疲れ様。
2007-08-04 16:18 : レオン URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-08-06 10:21 : : 編集
コメントレス
>レオン
>>他のギアス能力者がまだいるのかもね?
それはあり得るかもな。
ちなみに、「ナイトメア・オブ・ナナリー」には、他のギアス能力者が一杯出て来るww

>>マリアンヌ自体に別のギアスがかけられていた可能性も・・
あぁ、そっか。そういう可能性のあるよな。。。
う~ん、色んな可能性があるな・・ww

>>ルルさん以外に絶対順守の能力を持った者がいたら、・・・
う~ん、そしたら、またややこしい事になるな (^_^;)
ギアスの力の強さが、同じ強さかどうかも、その場合は結構関わってくるんだろうな。




>匿名 さん

大丈夫ですか??
心配ですね。
早く治して下さいね~!!

再開の報告、楽しみに待ってます♪

わざわざご連絡ありがとうございました。
2007-08-09 04:16 : Kizuna(管理人) URL : 編集
第2期ルルーシュ
  おそらくもっと残酷になり、
本当に魔王のような性格になるのでは
ないだろうか。
ギアスの力で完全に心を支配した
捨て駒部隊をつくる、言いなりにならない者はすぐギアスで殺すなどが考えられる。
  
  
2007-08-10 05:30 : アルシェリ URL : 編集
コメントレス2
>あるしぇり さん
コメントありがとうございます!

>>おそらくもっと残酷になり、本当に魔王のような性格になるのではないだろうか。
それは、あり得るかも。
今回での、東京征伐が恐らく失敗に終わってしまうであろう今、ルルーシュは、もっと強硬な手段をとらなくてはいけなくなるのかも知れませんね・・・。

そして、その性格の変化こそ、「ギアスの力に犯されていく」という事なのかも知れません。

マオのように、狂ってしまわないといいのですが・・・。
2007-08-16 18:16 : Kizuna(管理人) URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Kizuna

Author:Kizuna
ブログタイトル
前へ、前へと手を伸ばす!!


職業:学生
趣味:アニメ鑑賞、アニソンを聞いたり、ライトノベルを読んだり・・・etc

自分の趣味生活などについて書いていきたいと思います (*^^)v
よろしくお願いします!!

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。