スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

CLANNAD第14話 「Theory of Everything」レビュー

こんにちわ。

CLANNAD第十四話のキャプ感想です。



ついに、ことみ編の最終話。

朋也の、そして、渚、杏や椋の頑張りは、報われるのか。

そして、黒服の紳士は、一体、ことみに何を伝えたかったのか・・・



続きからどうぞ。

CLANNAD 第14話

「Theory of Everything」 感想




日付的に、大分遅れてしまったので、今回は諦めようかとも思ったんですが、

頑張って仕上げました (^_^;)

読んで下さい。










元通りになった庭。

朋也の、そして、の努力の甲斐あって、

一ノ瀬家は、かつての様相を取り戻しました。

朋也と、ことみが、かつて共に過ごした時と同じ姿で。



庭は、元通りになりました。

あと、足りないのは、ことみ本人だけです。

















幼い頃、一緒に読んだ本。

「一昨日は、兎を見たの。

昨日は、鹿。 今日は、あなた。」




ことみと朋也が、共に過ごした日々。



その台詞は、幼い頃、2人が一緒に、何度も何度も読み返した本の一節。

一緒に過ごした日々の、ほんの一部。





ことみ朋也に託した本は、2人が、過去に一緒に何度も読んだ本でした。

そして、2人が図書室で一緒に過ごしている時に、ことみが呟いた謎の台詞は、その一節。



トラウマによって、家にこもってしまったことみは、

ずっとずっと、待っていたのでした。

あの日に、やって来てくれるはずだった、1人の男の子を。


















そして、朋也目が覚めた時・・・。



「目が、覚めた??」


目の前には、ことみがいました。

まるで、夢の続きのように。

あの、お誕生日会の日から、ことみだけが切り抜かれたかのように。
















「ずっと、待っていたの・・・。」

「ずっと、待っていたの・・・。」


ことみは、お誕生日会に来れなかったどころか、

その後、ことみを忘れてさえしまった朋也のことを、ずっとずっと、

待っていてくれました。






だから、朋也は、一番言いたかった言葉を言います。

本当は、自分が誕生日会をすっぽかしてしまった「あの日」に、

ことみに伝えたかったその言葉を。





「迎えに来た!!」

「迎えに来た・・・!!

みんな、お前を待ってるんだぞ・・・!!!」








また、外の世界へ、行こう。

自分が来れなかったあの誕生日をやり直すように、

朋也は、渚や杏や椋、沢山の「友達」を、ことみに用意して、今度こそ、

遅れずに、ことみの前に現れました。











ことみの、「友達」。

朋也と、そして、沢山の人達の助けを借りて、

再びことみは、あの日の庭に、

外の世界へ、足を踏み出す事が出来ました。





















後見人と、部室にて。

後見人が、会いたがっていると、担任からつたえられることみ。

ここでも、仲間に背を押されて、演劇部の部室で会うことを決意します。



黒服の紳士は、1つのカバンを手にしていました。

それは、ことみのお父さんのカバン

中には、何が入っているのか・・・・・。

















 クマさんと、手紙。


中に入っていたのは、

プレゼントのクマと、両親からの手紙でした。



そして、ことみが、論文の控えだと思い込んでいた、

燃えてしまった書類の正体も明らかにされます。

それは、ことみのぬいぐるみのカタログだったのでした。





でも、このカバンの中には、お父さんとお母さんの論文が入っていたはず。

そう言い募ることみに、黒服の紳士は、真実を伝えます。















ことみの両親の、一番大切だったものは。

一ノ瀬夫妻は、自分達が危機にさらされていると知った時に、

自分達の荷物も、生涯を費やした論文も、

全てカバンからほっぽりだして、娘への贈り物を詰め込み、

自分達に残された短い時間を使って、大慌てで娘への手紙を書いた。




一ノ瀬夫妻は、最後の最期まで、ことみのことを、

何よりも、どんなものよりも、大切に考えていたのです。
















「お父さん、お母さん、おかえりなさい。」

「お父さん、お母さん、お帰りなさい・・・!!」

お父さんと、お母さんの、自分を深く深く想ってくれていた気持ちを、

しっかりと受け取ったことみ。



一ノ瀬夫妻の想いも、世界中を巡って、ようやく娘の元に届きました。
















世界中を、旅してきたカバン。

そのクマは、世界中を旅して来ました

人から人の手に渡って、中には、カバンやクマの手入れをしてくれた人までいました。



もう、「世界」は、ことみにとって「怖いお外」ではありません。

自分のために、手を貸してくれる人が、沢山存在するところ。

だって、「外の世界の人」が欠けていたら、ことみのクマさんは、ここまで届くことは、なかったのですから。



それは、後に出て来る、ヴァイオリンにも言えることでしょう。

楽器屋のおじさんの協力なしにしては、あのヴァイオリンは、ことみの元には届かなかった。




















ヴァイオリンの、贈呈式。

その後。

ことみの家に、みんなが集まりました。

あのヴァイオリンが、直って返ってきたからです。

ことみの手には、みんなからもらった引換券。



いつもの4人だけでなく、沢山の人が、ことみのために集まってくれるようです。

少し前までは、外を怖がって、人と接しさえしようとしなかった、

あのことみは、もうどこにもいません
















ことみの、心からの笑顔。

「大丈夫なの。 私のお庭は、広いから。」






広い庭、広がった「世界」。

幼い頃、朋也とことみの2人しかいなかった「ことみの庭」は、

そのままことみの世界でした。

もう少しすれば、春原や有紀寧、そして沢山の人たちが、

この庭を訪れるでしょう。

それは、そのまま、ことみの世界。

あの頃より、ずっとずっと広がった、ことみの生きる世界―――。





















◎ことみ編まとめ

注)原作CLANNADの、ことみルートネタバレを含みます

全体を通して、良い出来だったと思います。

どうしても朋也ことみの描写が少なくなってしまう所は、

原作と違ってことみと恋愛関係になれないから仕方がない (^_^;)



本当は、「迎えに来たぞ、ことみ」の後に、

ことみが「こんな事をしても意味がない、過去は元に戻らないし、私も海に沈んでしまえば良かった」と泣き崩れ、

朋也が、「そんなことを言うな!!!」とことみを抱きしめて、

初めて正式に「告白」するシーンがあるんですよね。



ことみが気に入っていて、アニメの展開では物足りんわ!!!

・・・という人がいましたら、是非原作もやってみて下さいwww

2008年2月29日に、フルヴォイス版(PC用)も、発売されますしね。





やっぱり、前半のギャグ要素なんかも面白かったなぁ。

ことみの、意味の分からない(2人だけ通じ合ってる)自己紹介とか。



能登麻美子さんの声は、初めて聞いた時は、合ってないと感じたけれど、

最後までみてみたら、もの凄いハマリ役でした。

ことみ編最終話は、見れば見るほど、面白かった気がします。

気に入ったシーンは、「レビューを書くため」と称して、10回くらい見てしまったような (^_^;)



やはり、CLANNADは、家族のつながりにも、比重が大きく置かれていますね。

風子編でも、それは同じでした。





これからの展開も、楽しみです。

次回は、演劇部設立が、少し前進するか・・・??

そして、夏服!! 夏服!!! (マテ


色々な意味で、期待したいと思います (*^^)v

スポンサーサイト

テーマ : CLANNAD
ジャンル : アニメ・コミック

tag : CLANNAD アニメ 古河渚 藤林杏 一ノ瀬ことみ

2008-01-21 : CLANNAD : コメント : 0 : トラックバック : 11
Pagetop
「リトルバスターズ エスクタシー」公式サイト OPEN!! «  ホーム  » CLANNAD第13話 「思い出の庭を」感想
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
CLANNAD -クラナド- 第14話「Theory of Everything」
恋愛ゲーム原作のはずだが、もっぱら家族愛の話なのね。というわけでCLANNAD -クラナド- 第14話「Theory of Everything」 の感想です。 「おととい...
2008-01-22 03:13 : メルクマール
CLANNAD 第14話
CLANNAD 第14話「Theory of Everything」ことみ編、大団円。( ´ω`)っ旦~【感想】例の爺さんが持ってきた「アレ」に「ナニ」が入っているの...
2008-01-22 03:45 : 真・萌え声依存症候群
CLANNAD 第14話「Theory of Everything」
「ことみ、ちゃんと寝てる?ちゃんと食べてる?」 「明後日の誕生日、私たちも楽しみ...
2008-01-22 16:19 : Todasoft Blog
CLANNAD 第14話 Theory of Everything
■第14話 Theory of Everythingいよいよ一ノ瀬ことみ編もクライマックス!風子編と同じく5話で完結させて来ました。朋也、渚、杏、椋の4...
2008-01-22 18:44 : めもり~る~む
★CLANNAD 第14話「Theory of Everything」
【公式】 ことみ編ラスト。前回同様出てこないことみ、ありし日の庭を戻すために頑張る朋也達。ここで何気なくジャージ姿の渚達、や~新鮮新鮮(笑)庭を完成させた朋也、借りてた「たんぽぽ娘」ここで、ことみのフレーズと一致。それとともに、ことみもようやく復帰。...
2008-01-22 21:55 : 48億の個人的な妄想
CLANNAD/14話 Theory of Everything
CLANNADの14話
2008-01-22 22:32 : てけと~な日記
CLANNAD 第14話 感想
CLANNAD 第14話 『Theory of Everything』 感想 岡崎朋也: 中村悠一  古河 渚: 中原麻衣  藤林 杏: 広橋 涼  藤林 椋...
2008-01-22 23:24 : 荒野の出来事
CLANNAD 第14話 「Theory of Everything」
朋也はつくづく自分以外の人を大事にしちゃうヤツなんだなァ。 ・・・人の面倒を見る事で、自分の家族(父親)から逃げてるとも言えるのか? とにかく、 『明後日の誕生日、私たちも楽しみにしてるからね!!』。
2008-01-23 02:55 : 風庫~カゼクラ~
CLANNAD #14
今日の絵は限りなく全力全開フルパワー!!(壊れ気味?)多分今出来る全力に近いと思うんですが・・・気合入れて描きすぎて右手親指が麻...
2008-01-23 05:45 : RAY=OUT
(アニメ感想) CLANNAD -クラナド- 第14話 「Theory of Everything」
CLANNAD 3 (初回限定版)巡る記憶・・・引き起こされる過去。朋也がことみとの思い出を全て思い出した時、一つの真実が明らかとなるのだった・・・。
2008-01-24 17:07 : ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
CLANNAD-クラナド- 第14話
CLANNAD-クラナド- 第14話「Theory of Everything」 長い長い旅の末、多くの人たちの気持ちによって紡がれたたった一つの奇跡。二度と届くはずの...
2008-01-24 17:12 : 刹那的虹色世界
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Kizuna

Author:Kizuna
ブログタイトル
前へ、前へと手を伸ばす!!


職業:学生
趣味:アニメ鑑賞、アニソンを聞いたり、ライトノベルを読んだり・・・etc

自分の趣味生活などについて書いていきたいと思います (*^^)v
よろしくお願いします!!

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。